top of page

さよなら未来


「今」の時代から過去を見つめなおして、「その時の時代の空気」は

果たしてどんな感じだったっけ、と思いを巡らせることは少し

答え合わせのような気分だけれども、

3.11からコロナ前夜までの2010年代って当たり前だけど2023年において

地続きで繋がっていて、なんなら2010年代の萌芽はやっと今になって

人々の目に見える形で捉えることができていると思う。


著者の若林氏はその時代のど真ん中で、2010年代を「WIRED」日本版編集者として

自分の目で見て感じたことを言葉にしている。

まだ人々が肌感覚で実感していないようなことや、どっちに世論が傾くかも

わからないようなところを自分の言葉を使って伝える勇気は、

未来から読んだ自分はその言葉をしっかりと受け止めることで

その行為を讃えたいと思う。


2010年代を生きた自分、そして今、2020年代を生きている自分、

コロナで始まった20年代の後半にはどのような未来が待っているだろうか。

きっと今この時代は「〇〇前夜」かもしれないけれど、

今、この時に起きていること、僕自身の肌感覚が感じることを

勇気を持って言葉にしていきたいと思う。

そんな気分にさせてもらった気がする。


    「さよなら未来」

         若林 恵





Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page